安心 安全な手作りパン パン教室


by atelier-sammie

ホームステイ

タンさんが最後の朝食のセッティングをしてくれました。
f0163446_23320128.jpg
お料理が好きなタンさんは、器(特に日本の陶磁器)に興味もあり
盛り付けもお上手でした。

f0163446_23424826.jpg
f0163446_23440154.jpg
何事にも丁寧でした。

こちらは、インドネシアのエルさんと初めてパンレッスンに来られた時です。

パンが大好き!お菓子が大好き!

但し餡は、好きでは、ないようです。
f0163446_23545351.jpg

f0163446_23552386.jpg
f0163446_23535872.jpg

f0163446_23560054.jpg



















今回のホームステイをしてみて
タンさんは、2年間国際ボランティアとして日本に来られています。
ベトナムに帰ってOISCAを作る、中継をする役にあたるそうです。
最初は、農業がかなり苦痛でショックだったそうです。
ベトナムで日本語の先生として働いている彼女、
日本のことを色々と学びに来ていたのですが、農業がなかなか慣れなかったそうです。
しかし、自分で決めて日本に来た!と頑張り、徐々に農業が好きでたまらなくなってきて、今では、畑仕事が大好き!
その他、事務仕事、お料理、文化色んな事を学び、
『オイスカに感謝しています。自分は、とても成長させてもらいました。
もっと大人の考え方に成長したいです。』と。
日本語がべらべらの彼女だから、気持ちがよく伝わりました。
OISCAに来ている研修生の皆さん、大なり小なり色んな苦難を乗り越えて
お国に帰られます。
改めて感心しました。

我が家は、ホームステイの受け入れは、6回目ですが、
一番ゆったりと過ごせたように思います。
今まで、どこかに行かなくっちゃ!
どこに連れて行ってあげようか?ということに考えが先走っていました。
今回は、本人の希望が、『食べることが好き!パン作りがしたい』
という事でしたので、パン作りと
食を贅沢にさせてあげて、周囲の新しいところを見せてあげることにしました。
家庭料理のしゃぶしゃぶサラダ、スペアリブは、特に喜んでくれました。
第1位は、イカの活け造りでした。
初めて見る、生きているイカの刺身に驚き感動していました。
チーズケーキも本人の希望で一緒に作りました。
自分でYouTubeの動画を見て作っていたのより、ずっとずっと美味しい!!と喜んでいました。
スポーツセンターにも行きたいと言って、ジムに行きrunningマシーンをしました。
本人は、お国でも行っているそうで、日本の方が、きれいでいろんなmachineがあると言っていました。
もう少しお出かけをしようと思っていましたが、時間がありませんでした。
本人からお礼状をもらいました
『自分の家に帰っているようでとても嬉しかったです。
お料理をしながらいろんな話をして自分の好み趣味もお母さん(私)と似ていることに幸運の縁だと思いました。
お父さん(主人)は、ユーモアがありいつも笑わせてくれました。
自分のお父さんのようでした・・・』と。
楽しい4日間でした。
後、7か月日本をいろんな面で満喫して欲しいと思います。
頑張ってください。











by atelier-sammie | 2018-08-31 01:02 | Comments(0)